關東の眞中

 關東の眞中へ一大沙漠地を造られて平氣で居る病氣の人間が、殺されないやうにして呉れいと言ふ請願人を、政府が打ち殺すと云ふ擧動に出でたる以上は、最早自ら守るの外は無い。一本の兵器も持つて居ない人民に、サーベルを持つて切つて掛り、逃げる者を追ふと云ふに至つては如何である。是を亡國で無い、日本は天下泰平だ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:22 pm  

己の持つて居る公園とか別莊

 己の持つて居る公園とか別莊とか持地とか云ふものは、どんな惡るい地面でも、是は大切にすることを知つて居る。大切にすることを知つて居れば、則ち慾が無いと云ふ譯では無い。國家を粗末にすると云ふ頭で無いものは、大切にすると云ふ頭を持つて居るものである。馬鹿ぢやない。其頭を持つて居りながら、那須郡と云へば則...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:21 pm  

演説

        亡國に至るを知らざれば之れ即ち亡國の儀に付質問

[#地から8字上げ](明治三十三年二月十七日、衆議院提出)[#ここから1字下げ]民を殺すは國家を殺すなり。法を蔑にするは國家を蔑にするなり。皆自ら國を毀つなり。財用を濫り民を殺し法を亂して而して亡びざる國なし。之を奈何。[...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:18 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0185 sec.

http://1yen.tv/