偉《えら》い音楽家の曲《きょく》

 また、時には意趣《いしゅ》がえしに、偉《えら》い音楽家の曲《きょく》を自分のだと嘘《うそ》をいって、たちのわるい悪戯《いたずら》をすることもあった。そして小父《おじ》がたまたまそれをけなしたりすると、彼はこおどりして喜《よろこ》んだ。しかし小父《おじ》はまごつかなかった。クリストフが手《て》をたたいて、喜《よろこ》んでまわりをはねまわるのを見《み》ながら、人がよさそうに笑っていた。そしていつもの意見《いけん》をもち出《だ》した。「うまくは書いてあるかも知れないが、何《なん》の意味《いみ》もない。」――彼はいつも、クリストフの家で催《もよ》おされる小演奏会《しょうえんそうかい》に出席《しゅっせき》したがらなかった。その時の音楽《おんがく》がどんなに立派《りっぱ》なものであっても、彼は欠伸《あくび》をしだし、退屈《たいくつ》でぼんやりしてる様子《ようす》だった。やがて辛抱《しんぼう》出来なくなり、こっそり逃《に》げ出《だ》してしまうのだった。彼はいつもいっていた。「ねえ、坊《ぼう》や、お前が家《いえ》の中で書くものは、どれもこれも音楽《おんがく》じゃないよ。家の中の音楽は、部屋《へや》の中の太陽《たいよう》と同じだ。音楽は家《いえ》の外《そと》にあるものなんだ、外で神様のさわやかな空気《くうき》を吸《す》う時《とき》なんかに……。」

[#ここから4字下げ]  あとがき クリストフはその後《ご》、偉《えら》い音楽家《おんがくか》になりました。彼《かれ》の音楽《おんがく》はいつも、彼《かれ》の思想《しそう》や感情《かんじょう》をありのままに表現《ひょうげん》したもので、彼《かれ》の心《こころ》とじかにつながってるものでありました。そして彼《かれ》がえらい音楽家《おんがくか》になったのは、ゆたかな天分《てんぶん》と苦《くる》しい努力《どりょく》とによるのですが、また幼《おさな》い時《とき》にゴットフリートから受《う》けた教訓《きょうくん》は、ふかく心《こころ》にきざみこまれていて、たいへん彼《かれ》のためになりました。[#ここで字下げ終わり]

— posted by id at 07:20 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1554 sec.

http://1yen.tv/