都合七つの外国語

 伝へに依《よ》れば、彼女は羅典、希臘《ギリシャ》をはじめ、ヘブライ、カルデヤ、アラビヤ、仏蘭西《フランス》、伊太利《イタリヤ》と、都合七つの外国語に通暁《つうぎょう》してゐたことになつてゐる。これは少し割引きして見ることにしても、その他音楽にも針仕事にも堪能だつたと言はれる彼女の博学と文藻《ぶんそう》、それから女性らしい優雅さは疑ふことは出来ないのだ。その遺文として今日確証されてゐるものは次の八種である。 (一)チュリッヒの牧師ハインリヒ・ブリンゲルに宛てたる書簡三通(ともに羅典語) (二)旧教に改宗せる友(恐らくサフォオク公附の牧師ハアヂング博士ならん)を責めたる書簡 (三)処刑に先立つ四日、ウェストミンスタアの僧院長にしてメリイ女王|附《つき》牧師たりしフェッケンハムと試みたる信教問答 (四)処刑に先立つ数日間に綴《つづ》れる祈祷《きとう》文 (五)処刑に先立つ数週、塔中より父サフォオク公に宛てたる書簡 (六)処刑の前夜、最後の思出として希臘文新約聖書の巻尾に記して妹カザリンに与へたる訓戒 (七)処刑台上にて述べたる談話 (八)祈祷《きとう》書に挟める犢皮《こうしがわ》に記したる覚書《おぼえがき》(大英博物館所蔵)

 試みにこのうちの(六)を、掻《か》いつまんで訳してみよう。――[#ここから2字下げ]「愛《いと》しい妹カザリンよ、あなたにこの本を贈ります。この本の外側には黄金の飾《かざり》もなく巧みな刺繍《ししゅう》の綾《あや》もありませんが、中身はこの広い世界が誇りとするあらゆる金鉱にも増して貴いものです。これは主の掟《おきて》の書、主が私共哀れな罪人にと遺《のこ》された聖約また遺言なのです。これによれば私共は永遠のよろこびへと導かれませう。もしこの本を心|籠《こ》めて読みこの掟を守らうと心掛けるなら、あなたに不滅の生の齎《もたら》されることは疑ひありません。この本はあなたに生き方を、そして死に方を教へて呉《く》れませう。(中略) それから私の死のことを申せば、愛しい妹よ、どうぞ私と同じやうによろこんで下さい。私は穢《けが》れを捨てて清浄を着るのですから。(そして相当の長さに亘《わた》つて信教に関する力強い訓戒が語られ、最後は次の様に結んである)では、もう一度|左様《さよう》なら、愛しい妹よ、そして何卒《なにとぞ》あなたを救ふ唯一者、神にあなたの唯《ただ》一つの信仰を置くやうに。アーメン。」[#ここで字下げ終わり]

— posted by id at 07:26 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1768 sec.

http://1yen.tv/