紀《き》の国《くに》の三輪《みわ》が崎《さき》

 紀《き》の国《くに》の三輪《みわ》が崎《さき》に大宅竹助《おおやのたけすけ》と云うものがあって、海郎《あま》どもあまた養い、鰭《はた》の広物《ひろもの》、狭《さ》き物《もの》を尽して漁《すなど》り、家|豊《ゆたか》に暮していたが、三人の小供があって、上の男の子は、父に代って家を治め、次は女の子で大和《やまと》の方へ嫁入し、三番目は又男の子で、それは豊雄《とよお》と云って物優しい生れであった。常に都風《みやび》たる事を好んで、過活心《わたらいごころ》がないので、家の者は学者か僧侶かにするつもりで、新宮《しんぐう》の神奴《かんぬし》安部弓麿《あべのゆみまろ》の許《もと》へ通わしてあった。 それは九月の末のことであった。豊雄は例によって師匠の許へ往《い》っていると、東南《たつみ》の空に雲が出て、雨が降って来た。そこで、豊雄は師匠の許で、傘《おおがさ》を借りてかえったが、飛鳥《あすか》神社の屋根が見えるようになってから、雨が大きくなって来たので、出入《でいり》の海郎の家へ寄って雨の小降りになるのを待っていると、「この軒しばし恵ませ給え」と云って入って来た者があった。それは二十歳《はたち》には未《ま》だ足りない美しい女と、十四五の稚児髷《ちごまげ》に結うた伴《とも》の少女とであった。女は那智《なち》へ往っての帰りだと云った。豊雄は女の美に打たれて借りて来た傘を貸してやった。女は新宮の辺《ほとり》に住む県《あがた》の真女児《まなご》と云うものであると云って、その傘をさして帰って往った。 豊雄はそのあとで、そこの主人の蓑笠《みのかさ》を借りて家へ帰ったが、女の俤《おもかげ》が忘られないので、そればかり考えているとその夜の夢に女の許へ往った。そこは門も家も大きく、蔀《しとみ》おろし簾《すだれ》垂れこめた住居《すまい》であった。真女児が出て来て、酒や菓子を出してもてなしてくれたので、喜《うれ》しき酔ごこちに歓会を共にした。豊雄は朝になって女に逢いたくてたまらないので、朝飯も喫《く》わずに新宮へ往って、県の真女児の家はと云って尋ねたが、何人《だれ》も知った人がなかった。

— posted by id at 09:18 am  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2486 sec.

http://1yen.tv/