実に勇敢な方です

「いや、違う。まだ息はあるぞ!」と誰かが叫ぶ。「だが病院まではもたん。」「実に勇敢な方ですわ。」と女の声。「この人がいらっしゃらなければ、奥様は財布も時計も盗まれていましたのよ。なんて悪漢でございましょう。乱暴な。あら、息がございます。」「通りには寝かせておけない。お宅へ運んでよろしいですか、奥さん?」「そうなさい。居間へお運びになるとよくてよ。休まるソファがございますから。こちらから、どうぞ。」 ホームズがゆっくりと物々しくブライオニ荘に運ばれていき、計画の舞台たる居間に安置させられるのを、私は窓のそば、自らの持ち場からじっと見守っていた。灯りがともされ、ブラインドは引かれていなかったので、ホームズがソファに寝かされる一部始終を見て取れた。今この瞬間、ホームズは自分のなす演技に良心の呵責を感じているのか知る由もないが、私はかつてないほど恥ずかしく思った。我々はあの美しき女性を欺こうとしているのに、慈悲深くも手負いの男を介抱しているではないか。しかしここで手を退いては、全幅の信頼を寄せてくれるホームズに対する、何とよこしまな背信行為であろうか。私は心を殺して、アルスター・コートの下から発煙筒を取りだした。つまるところ、彼女を傷つけるのではない。我々は、彼女が第三者を傷つけるのを阻止するだけなのだ、と自分に言い聞かせた。 ソファの上でホームズは身を起こし、酸欠でもがく仕草を見せた。女中が部屋を横切り、慌てて窓を開く。時を同じくしてホームズが手を振った。私は合図と見るや、発煙筒を部屋へ投げ込み、「火事だ!」と叫んだ。私の口から出た言葉は、群衆という群衆、紳士、馬番、女中、身なりのいいのも悪いのも、次々と飛び火し、皆が「火事だ!」と金切り声をあげるようになった。部屋の中では濃い煙霧が渦巻き、開け放された窓からもあふれ出る勢いだ。私は煙の中でうごめく人影を認め、直後、誤報だと群衆を鎮めるホームズの声がした。私は叫ぶ人々の間をくぐり抜け、通りの角へと向かった。十分経過すると、我が友人が腕に手を通してくれ、喧噪の現場から立ち去ることが出来たので、一安心したものだ。ホームズは無言で、数分の間きびきびと歩き、やがて我々はエッジウェア街に繋がる静かな通りに至った。「素晴らしい出来だ、博士。」とホームズ。「何も言うことはない。万事うまくいった。」「写真は?」「隠し場所がわかった。」「どうやって?」「宣言通り、彼女が教えてくれた。」「まだ雲をつかませておくつもりか?」

— posted by id at 07:07 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1670 sec.

http://1yen.tv/