頭の中は戦争のことで一杯だった

 実際彼は、その仕事を心から楽しんでいるらしい。嘗ては彼も、頭の中は戦争のことで一杯だったろう。その脳中のジャングルを、いつしか彼は切り開き、清凉な風を吹き通らせ、仕事に喜びを見出したのである。戦争のことなどはもうたくさんだ。 周囲を顧れば、ジャングル頭がまだ随分と多い。政治家は政治家なりに、官僚...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:30 pm  

御婦人の悪口

 だが、ここで、御婦人の悪口を言うような失礼を犯すつもりはない。問題の本当のところは、全く、この内部的ジャングル頭にある。 そういう頭脳の青年を、阿部知二は「おぼろ夜」の中で刻明に描き出している。この主人公の大学生は、愛する女学生から無視されたために、自我を喪失したと自覚し、その自我を回復するため...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:29 pm  

ジャングル頭

ジャングル頭豊島与志雄

 夜の東京の、新宿駅付近や、上野不忍池付近は、一種のジャングル地帯だと言われる。酔客、ヨタモノ、パンスケ、男娼、などなどの怪物が横行していて、常人は足をふみ入れかねる。このジャングルを、一夜、警官の案内で坂口安吾は探検した。 だが、ジャングルは他にもある。近頃の若い婦人...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:28 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0178 sec.

http://1yen.tv/