そんなことでは、よい作品は書けない

「然し、」と友人は断乎として云う、「そんなことでは、よい作品は書けない。書かないでもよいようなものを書くのは、固より愚劣だが、よいものを書こうとする緊張感は、却って創作の邪魔になりはしないかね。緊張感のために硬ばった作品が余り多いじゃないか。」 さてそれは、分るような分らないような……私は一寸彼の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:11 pm  

傍人の言

傍人の言豊島与志雄

「文士ってものは、こう変に、角突きあってる……緊張しあってるものだね。」 そうある人が云った。――この人、長く地方にいて、数ヶ月前に東京へ立戻ってきたのであるが、文学者や画家に知人が多く、といって自分では何にも書きも描きもしないで、少しばかり教師をして、多くは遊んだり読んだ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:11 pm  

我々三人が親書を読み終えたとき

「なんたる女――まさに、なんたる女だ!」と我々三人が親書を読み終えたとき、ボヘミア王が叫んだ。「言った通り、怜悧決然たる女であろう? きっと王妃の誉れとなったであろうに。惜しむらくは、家格が余には不相応であったことか。」「僕が拝見しましても、この女性、なるほど陛下とはたいへん格が違うようです。」と...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0140 sec.

http://1yen.tv/