我々三人が親書を読み終えたとき

「なんたる女――まさに、なんたる女だ!」と我々三人が親書を読み終えたとき、ボヘミア王が叫んだ。「言った通り、怜悧決然たる女であろう? きっと王妃の誉れとなったであろうに。惜しむらくは、家格が余には不相応であったことか。」「僕が拝見しましても、この女性、なるほど陛下とはたいへん格が違うようです。」と...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:10 pm  

家具は部屋中に散乱し

「手紙と写真はいかに?」と王は声もかすれかすれに、「万事やんぬるかな。」「確かめましょう。」とホームズは女中を押しのけ、居間へと飛び込んだ。王も私も後に続いた。家具は部屋中に散乱し、棚は外され、引き出しは開いているという始末で、高飛びに先駆け、あの女性が引っかき回した様子だった。ホームズは呼び鈴の...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:09 pm  

再びブライオニ荘へ向かった

「いや、余のブルームが待たせてある。」「それは助かります。」と我々は階下へゆき、再びブライオニ荘へ向かった。「イレーナ・アードラーは結婚しました。」とホームズ。「結婚とな! いつのことか?」「昨日です。」「果たして何やつと?」「イギリス人弁護士で、名をノートンと。」「そんな男を愛すまい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:09 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0143 sec.

http://1yen.tv/