再びブライオニ荘へ向かった

「いや、余のブルームが待たせてある。」「それは助かります。」と我々は階下へゆき、再びブライオニ荘へ向かった。「イレーナ・アードラーは結婚しました。」とホームズ。「結婚とな! いつのことか?」「昨日です。」「果たして何やつと?」「イギリス人弁護士で、名をノートンと。」「そんな男を愛すまい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:09 pm  

我々の調査

「我々の調査は事実上、終了。明日、王同伴で訪ねる予定だ。君も来たくば来たまえ。居間で待つことになると思うが、彼女が現れたときには写真とともに消え失せるという寸法だ。陛下も手元に取り戻せると満足なさることだろう。」「いつ頃、訪ねるつもりだい?」「朝八時。彼女はまだ起きていないだろうから、自由に仕事...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:08 pm  

雲作り職人ではない

「僕とて雲作り職人ではない。」とホームズは笑う。「全く単純なことだ。もちろんのこと、通りにいた人は皆、協力者だ。今夜のためにまとめて雇った。」「そんなことだろうと思った。」「それと、突発した喧嘩の際、僕は手のひらに溶かした紅を隠していた。走り込んで、転倒、顔をひしと叩けば、哀れ見せ物の完成。古く...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:07 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0120 sec.

http://1yen.tv/