緑色の屋根をした大きなヴィラ

 この家のすぐ裏がやや深い谿谷《けいこく》になっていて――この頃など夜の明け切らないうちから其処《そこ》で雉子《きじ》がけたたましく啼き立てるので、いつも私達はまだ眠いのに目を覚ましてしまう程だが、――それでも私はその谿谷が悪《にく》くなく、よく小さな焚木《たきぎ》を拾いがてらずんずん下の方まで降り...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:17 pm  

防火栓は奇功を奏した

 トロツテルは又拳骨を振つて囲を衝いて、火消番の立つてゐる所へ往つた。救のある所へ往つた。 そこでどうなつたか。気の毒千万なのはロオデンシヤイド市民と元日のおなぐさみとである。天罰の下るやうに、曲馬場の中から喞筒《ポンプ》の水が迸り出た。滔々乎《たう/\こ》として漲つて息《や》まない。あらゆる物を...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:16 pm  

第一線で詞戦《ことばだたかひ》をする

「なに。奴等だと。黙りやあがれ。お上品振りやあがつて。うぬ等は這入らなくても好いのだ。」 こんな風に第一線で詞戦《ことばだたかひ》をする。双方が時時突貫を試みようとする。女はきい/\云ふ。男は罵る。子供は泣く。そのうち弱いものが二三人押し倒される。気を喪《うしな》ふ。それを踏み付ける。罵詈《あざ》...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 07:16 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0123 sec.

http://1yen.tv/